検査|尼崎市の南川クリニック内科 塚口

  • HOME
  • 院長ご挨拶
  • 診療のご案内
  • 検査
  • クリニック紹介
  • アクセス

検査

当院で行っている検査

・尿検査
・血液検査
・感染症迅速検査
(インフルエンザ・A群β溶連菌・ロタウイルス・アデノウイルス・
RSウイルス・マイコプラズマ・ノロウイルスなど)
・アレルギー検査
・胃カメラ検査(経鼻内視鏡検査・経口内視鏡検査)
・ピロリ菌検査
・X線レントゲン検査(胸部・腹部・腰部・四肢・頭部の単純撮影)
・心電図検査
・超音波エコー検査(腹部・心臓・頸部)
・骨密度検査
・睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査
(簡易検査・ポリソムノグラフィー検査の予約)



超音波エコー検査

超音波検査 当院では東芝メディカルシステムズ社製のXario100を使用しています。
体に表面から超音波をあてて、内臓や血管の状態などをみる検査でエコー検査とも呼ばれています。麻酔などの必要もなく、またX線検査のように放射線被爆の心配がなく、苦痛のない安全な検査です。
局所や血流などを観察するのには非常に優れた検査で、当院では、腹部、心臓、頚部エコー検査を行っています。

腹部エコー

検査範囲
肝臓、胆のう、膵臓、腎臓、盲腸、子宮、卵巣、前立腺など
わかる疾患、症状
がん、腫瘍、胆石、前立腺肥大、腹水貯留など

心エコー

検査範囲
心臓
わかる疾患、症状
心筋梗塞、心筋症、心臓弁膜症、心不全、心内膜炎、心外膜炎、心臓腫瘍、先天性心疾患など

頚部エコー

検査範囲
首の頸動脈、甲状腺
わかる疾患、症状
動脈硬化の進行、甲状腺がん、甲状腺腫瘍など

内視鏡検査(胃カメラ検査)

内視鏡検査 当院ではOLYMPUS社製のOptera CV-170を使用しています。
内視鏡検査(胃カメラ検査)が『苦しい検査』だったのは一昔前の話で、最近の内視鏡は細くなり、軟らかい素材になりました。
加えて、当院では、患者様のご希望に応じて口からだけではなく、鼻から内視鏡を挿入することの出来る『経鼻内視鏡検査』を行うことができます。
経鼻内視鏡検査は従来の口から挿入する方法よりも吐き気の苦しさが少なく、会話も行えるため、安心して検査を受けて頂けます。

当院の内視鏡検査には早期がんの発見に有用なNBI(挟帯域光観察:Narrow Band Imaging)システムを導入しています。
<通常光画像とNBI画像の違い>
NBIシステムとは、照射する光の波長の範囲を狭くして、照射される面の細かな変化を強調させる画像強調観察技術です。がんやポリープなどの腫瘍は、粘膜表面の微細な血管パターンの変化があり、これまでの内視鏡検査では血管や粘膜の詳細な観察のために色素による染色を行わなければならないこともありましたが、この画像強調観察を行うことによって、微細な異常などが発見しやすくなり、かつ患者さまの身体的な負担も軽減されます。



わかる疾患、症状
食道炎、食道潰瘍、食道がん、胃炎、胃潰瘍、胃がん、食道・胃の静脈瘤、十二指腸潰瘍 など