苦痛の少ない内視鏡検査|尼崎市の南川クリニック内科 胃カメラ

  • HOME
  • 院長ご挨拶
  • 診療のご案内
  • 検査
  • クリニック紹介
  • アクセス

内視鏡について

当院では、内視鏡による胃カメラ検査を予約制にて行っております。
口からの経口内視鏡の他、鼻からの苦痛の少ない経鼻内視鏡も可能です。

上部内視鏡検査(胃カメラ)について

上部内視鏡検査は胃カメラとも言われ、小さなカメラによって食道・胃のポリープやがん、炎症などを調べます。
上部内視鏡検査を定期的に受けておくことで、万が一胃がんになっていても早期発見の確率が大きく高まります。
特に、ピロリ菌感染、慢性萎縮性胃炎のある方には、定期的な内視鏡検査をお勧めしております。
上部内視鏡検査はカメラを挿入する場所(鼻か口)によって呼び名が変わり、それぞれ経鼻内視鏡・経口内視鏡検査と呼ばれます。当院では、経鼻内視鏡による検査も行っております。経鼻内視鏡は、鼻から胃へと挿入する内視鏡検査で、口から挿入する経口内視鏡に比べて嘔吐感や不快感が少なく、比較的楽に行える検査と言えます。



当院では、静脈麻酔下での内視鏡検査は行っておりません。
当院の内視鏡検査には早期がんの発見に有用なNBI(挟帯域光観察:Narrow Band Imaging)システムを導入しています。
<通常光画像とNBI画像の違い>
NBIシステムとは、照射する光の波長の範囲を狭くして、照射される面の細かな変化を強調させる画像強調観察技術です。がんやポリープなどの腫瘍は、粘膜表面の微細な血管パターンの変化があり、これまでの内視鏡検査では血管や粘膜の詳細な観察のために色素による染色を行わなければならないこともありましたが、この画像強調観察を行うことによって、微細な異常などが発見しやすくなり、かつ患者さまの身体的な負担も軽減されます。


内視鏡検査の流れ

こんな症状の際に胃カメラ検査をお勧めします

・上腹部が痛む
・胃の不快感がある
・胸焼けがする
・のど、または胸のつかえ感がある
・吐き気、嘔吐
・黒い便が出る


・貧血を指摘されている
・体重が急に減った
・バリウムによる胃の検診で異常を指摘された
・胃潰瘍、十二指腸潰瘍になったことがある
・肝硬変と言われている
・食道がん、胃がんを治療したことがある 
など


胃カメラ検査で発見される消化器系の病気について

胃カメラは、以下のような病気の診断・検査に有効です

・胃がん
・食道がん
・十二指腸がん
・胃潰瘍

・十二指腸潰瘍
・急性胃炎
・逆流性食道炎


など