帯状疱疹の予防接種|尼崎市の南川クリニック 水疱瘡・帯状疱疹後神経痛

  • HOME
  • 院長ご挨拶
  • 診療のご案内
  • 検査
  • クリニック紹介
  • アクセス

帯状疱疹の予防接種

帯状疱疹の予防に水痘ワクチンを受けましょう

~とてもつらい帯状疱疹後神経痛~

帯状疱疹とは

帯状疱疹とはウイルスによる感染症のことで、原因は水痘・帯状疱疹ウイルスです。 このウイルスに最初に感染したときには、帯状疱疹ではなく、水ぼうそうとして発症します。 ほとんどの方は、子どもの頃に水ぼうそうに罹っています。 皮膚がぴりぴりした感じや鈍痛で始まることが多く、痛みを感じた部位に「発疹」が出ます。
帯状疱疹の名前は、神経に沿って赤い斑点(疱疹)が皮膚に帯状にできることに由来しています。

「免疫」が弱まると帯状疱疹に

私たちの体には、ウイルスや細菌などの異物を排除する「免疫」システムが備わっており、水ぼうそうもこの「免疫」によって治ります。しかし、治ったあと水ぼうそうのウイルスは完全になくなるわけではなく、加齢やストレスなどにより免疫力が低下すると、水ぼうそうではなく『帯状疱疹』として発症することがあります。 ウイルスが皮膚へ攻撃することにより水ぶくれなどのブツブツが現れるとともに、神経への攻撃によって強い痛みが起こります。帯状疱疹は体の表面だけの病気ではなく、体内の神経にも深く関係している病気なのです。

帯状疱疹は誰でも罹る可能性のある、ごく一般的な感染症です。

帯状疱疹は「免疫」が弱まると発症する病気なので、体力が低下してくる50歳代以上の方に増加します。 また、水ぼうそうのウイルスに対する「免疫」は、水ぼうそうにかかってからおよそ20年くらいすると低下してくるため、近年のストレス社会や疲労などの多い20~30歳代の若い患者さんも珍しくありません。

帯状疱疹に特に注意が必要な人

1
50才以上
2
糖尿病や膠原病、ガンなどの治療中で免疫低下のリスクのある人

帯状疱疹の原因である水ぼうそうのウイルスには、ほとんどの人が感染していますので、
帯状疱疹は誰でも罹る可能性のある、ごく一般的な感染症です。
  • 一生のうち6~7人に1人がなるといわれています。
  • 女性での発症率がやや高い。
  • 水ぼうそうとは反対に夏に多く冬に少ない。
という傾向があります。

帯状疱疹後神経痛

帯状疱疹には治療法があり、原因となるウイルスに対しては抗ウイルス薬を使用し、痛みに対しては消炎鎮痛薬を用います。また、水疱がつぶれて細菌感染した場合は、抗菌薬を使用します。
約1ヶ月程度で治ってきますが、帯状疱疹の皮膚部分は治癒したにもかかわらず、帯状疱疹の時の痛みだけ残ってしまう後遺症が、帯状疱疹後神経痛です。

若いうちは神経の修復も早いのですが、高齢になって帯状疱疹で神経に傷がつくとなかなか治癒しないで痛みだけが後まで残り、日常生活も困難になるほど苦しんでしまう人が多くおられます。
帯状疱疹の皮膚症状と違い、帯状疱疹後神経痛には万人に当てはまる絶対的な治療法がないため、多くの方が大変な苦労をされています。

帯状疱疹はワクチンによる予防が可能です

帯状疱疹後神経痛にならないためには、まず帯状疱疹にならないことが何より重要です。
100パーセントではありませんが、ワクチンを接種することで、帯状疱疹を予防または症状を軽く出来ます。

このワクチン接種で、帯状疱疹後神経痛になる可能性を65%も減らすことができます。

帯状疱疹の予防接種は自費診療(保険診療適用外)です

  • 一度でも帯状疱疹を患ったことがある人
  • 覚えていないほど小さい頃に水ぼうそうをやった人
  • 乳幼児と同居されている方
    (帯状疱疹の患者さんから、水ぼうそうにかかったことのない乳幼児などに、水ぼうそうとしてうつる場合があります)
この機会に一度接種されてみてはいかがでしょうか。 帯状疱疹の予防接種については、当院にて気軽にご相談ください。